生命保険がわからない人への簡単説明 > 簡単説明:第3分野>がん保険

がん保険


アヒル左歩き.gifがん保険は、がんに特化した疾病保険です。
がんとは、悪性新生物(いわゆる”がん”)上皮内新生物(下記参照)のことをいいます。

今や、日本人の3人に1人ががんで亡くなりますが、その一方で、医学の進歩に伴い早期発見が可能となり、たくさんのがんが治るようになりました。
がん保険は、がんになってしまった時に十分な治療を施せるよう、高額になりがちな医療費の自己負担を補うことが目的です。

通常の医療保険と同様に入院時の入院給付金と手術時の手術給付金が基本となり、死亡保障が付くものもあります。(がんによる死亡時と、それ以外の時で死亡給付金額が異なるのが一般的です。)

更に、がん保険の最大の特徴として、診断給付金があります。
がんと診断された時に支払われる一時金で、ガンとの戦いを前に大きな金銭的後ろ盾となります。診断給付金に関しては、何回でも給付されるタイプから、初回のみ支給されるタイプなど、また、診断給付金が無いがん保険もありますので確認が必要です。

もう一つの特徴は、がん保険の入院給付金の支払限度日数は無制限が一般的です。(医療保険には、通常、1入院当り/通算それぞれに支払限度日数が設定されており無制限ではありません。)

また、がん保険には待期間があるのが一般的で、がん保険に入ってから(責任開始から)90日以内にがんと診断された場合は保険の対象となりませんので注意が必要です。(最近、がん保険で待期間の無いものが登場しましたので、そちらを選択するのも一つの考えです。)


最近では、女性のがんに特化した保険保障が診断給付金のみの保険、さらに、高度先進医療を施す時の高額な費用を保障する特約など、様々な保障のがん保険があります。

この様にがん保険は、がんに特化して保障も手厚く、特にがんに対して不安をもっている人には心強い保険といえます。また、がんになった時の上乗せ保障と考えて、医療保険と平行して加入するケースが多いです。


<上皮内新生物について>
がん保険を検討する上で注意するポイントとして、”上皮内新生物”という言葉があります。最近のがん保険は、”上皮内新生物”も保障の対象とするのが一般的ですが、保険によって取り扱いが異なります。

上皮内新生物とは、上皮内組織内に留まっている初期がんと言われるものです。子宮頚部や大腸などに多いのですが、肺、食道、肝臓、すい臓、膀胱等の内臓にできるがんも、初期はその内臓の上皮組織内にがん細胞が留まっているいわゆる”上皮内がん”から進行していくとのことです。この”上皮内がん”は、治療すればほぼ100%完治するそうです。

がん保険の中には、上皮内新生物でも組織内にがん細胞が無いものは”上皮内がん”では無いので保険の対象外と扱うものもあるようですから確認が必要です。


がん保険にも、医療保険と同様に更新型終身保障タイプがあります。
更新型は更新と共に保険料が上がっていき高齢になるとかなり高額になりますので、目的に応じたタイプを選ぶことが大切です。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。