特定(3大)疾病保険


特定疾病保険は、第3分野の保険ともいわれていますが、生命保険の一種でもあります。
生命保険と同じように終身保険(貯蓄系)タイプと定期保険(掛捨て)タイプがありますので、その差を理解する必要があります。貯蓄性掛捨てについての説明は、生命保険の3つの基本形終身保険定期保険、それぞれの章を参照してください。(終身保険タイプを扱っていない保険会社もあります。)


特定疾病保険は3大疾病保険ともいわれ、3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)と診断され所定の状態(下記を参照してください)となったときに、特定疾病保険金が支払われます。

3大疾病となってしまったとき、十分な治療を施せるよう経済的に補うことが目的です。

特定疾病保険金を受取ることなく死亡した場合は、死亡保障として死亡保険金が支払われるのが一般的です。(一部、死亡時の保障の無いものもあります。)特定疾病保険金が支払われた場合はその時に保険は消滅(終了)しますので、死亡保険金と特定疾病保険金が重複して支払われることはありません。

3大疾病と診断されても所定の状態に成らなければ保険金支払いの対象になりません。(急性心筋梗塞や脳卒中でも軽症の場合は対象外となります。)下記は、保険金支払の対象となる所定の状態の一般的な例です。

<がん>
初めて悪性新生物に罹患したと医師に診断確定されたとき。
ただし、上皮内がん(がん保険の章の上皮内新生物を参照してください)と悪性黒色肉腫(メラノーマ)以外の皮膚がん、また、保険の責任開始日から起算して90日以内の乳がん(乳房の悪性新生物)は対象外です。

<急性心筋梗塞>
急性心筋梗塞の発病により初めて医師の診断を受けた日から起算して60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師に診断されたとき。(労働の制限とは、軽い家事や事務等の軽労働以上の活動では制限が必要な状態のことをいいます。)

<脳卒中>
脳卒中の発病により初めて医師の診断を受けた日から起算して60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師に診断されたとき。

(注)上記の所定の状態は、あくまでも一般的な例です。特定疾病保障の中(例えば特約として医療保険がん保険に付加されるタイプ等)には違う条件のものがあるため、個別の確認が必要です。(上皮内がんを対象とするもの、がん全般に対して待期間90日を設けているもの等)


定期保険(掛捨て)タイプの特定疾病保険が特約の一部として盛り込まれている生命保険パッケージをよく見かけますが、終身保険に終身保険(貯蓄系)タイプの特定疾病保険を組合わせることもできますので、検討の余地があります。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。