ソルベンシーマージン比率とは


ソルベンシーマージンは支払余力と訳されることが多く、その比率がソルベンシーマージン比率です。
保険会社の経営の健全性を示す指標の一つです。

保険会社は、通常発生する保険金の損害額は統計的に予測していますが、通常では予測不可能な大規模な損害が発生した場合でもその損害を保障する必要があります。
ルベンシーマージンは、この通常の予測を超えたリスクに対する余力を示したものです。


ソルベンシーマージンの計算式は、

                                      支払余力総額
       ソルベンシーマージン比率(%) = ―――――――――――――――――――― x 100
                               通常の予測を超えるリスク総額 x 0.5

”支払余力総額”は、資本金などの自己資本とその他の準備金等の総合計で、”通常の予想を超えるリスク総額”は、大規模災害等により保険金支払いが増加するリスクや資産運用環境の悪化により資産や収入が減少するリスクの総合計です。

ソルベンシーマージン比率が200%を下回った場合、金融庁からなんかの措置がとられることになっています。


ソルベンシーマージン比率が200%を超えていれば安全な保険会社と見なされるはずですが、過去に経営破綻した保険会社も直前まで200%を超えている会社が多かったことから、200%を少し上回ったぐらいでは信用を得られない状況となっています。また、設立からの年数の浅い新しい保険会社の場合、自己資本に対してリスク総額が少ない事があり高めの数字がでる傾向がありますので注意が必要です。



格付け、ソルベンシーマージン比率は、保険会社の健全性を示す指標ですから、定期的に確認してみてください。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。