医療保険


第3分野の医療保険は、公的医療保険の健康保険等とは異なる民間の保険です。

たとえ健康保険等があっても、入院や手術が必要な時は自己負担分や差額ベット代等で支払う医療費は高額になります。第3分野の医療保険は、給付金により自己負担費用を補い、安心して治療に専念できるようサポートします。

基本的な保障内容は、入院時の入院給付金と手術時の手術給付金ですが、死亡時の保障があるものあり、また、下記のような様々な特約もあります。

給付金は実費ではなく定額給付されるのが一般的で、入院一日当たりの給付金額である入院日額を基準に計算され、手術給付金も、手術の内容による所定の倍率を入院日額に乗じて計算されます。(最近では、実費を保障する医療保険も登場してきました。)
最近では、日帰り入院から保障するものが主流ですが、所定の日数以上の継続入院を条件にしているものあり、例えば、”継続入院5日目から保障”等の条件が付いている場合がありますので確認が必要です。
また、手術給付金は入院なしの日帰り手術でも支給され、所定の倍率とは手術の内容により10倍/20倍/40倍と変化するのが一般的ですが、10倍固定等の保険もあります。

<計算例> 入院日額1万円、入院7日間、倍率10倍の手術の場合の給付金額

”入院日額1万円” x 7日間 + ”入院日額1万円” x 10倍 = 給付金総額17万円

注)医療保険では、入院日数に応じた給付金は無制限には給付されません。
1入院あたりの支払限度日数が、30日型/60日型/120日型/180日型/360日型/730日型等と定められていて、長くなるほど保険料は高くなります。また、保険期間内全体を通しての通算支払限度日数も定められていて、730日や1095日等が一般的です。1入院の日数とは、同じ原因で入院している期間のことをいい、退院した後でも180日以内に同一の原因で再入院した場合は、最初の入院から通算され同一の入院と見なされます。


下記は、代表的な特約です。

<退院特約>入院給付金の対象になる入院をして退院すと、退院給付金が給付されます。

<通院特約>入院給付金の対象になる入院をして退院した後、通院1日に対して所定の給付金が給付されます。ただし、退院してからの期間(120日が一般的)が定められており、また、1入院あたりの通院限度日数(30日が一般的)も定められています。入院後の通院が対象ですから、入院前や通院のみの場合は給付対象となりません。(損害保険の傷害保険等や共済の場合は、けがに関しての通院は入院なしでも対象となるものもあります。)

<成人病特約>生活習慣病のときに入院日額に所定の金額が上乗せされます。生活習慣病の範囲は、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)、5大疾病(3大疾病+糖尿病・高血圧疾患)、7大疾病(5大疾病+慢性腎不全・肝硬変(膵臓・肺疾患の時もあり))など、保険により扱いが異なります。

<特定疾特約>3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)等と診断されて時、診断給付金が給付されます。 特約ではなく独立した特定(3大)疾病保険もあります。


医療保険には、更新型終身保障型があります。下記の図は、更新型と終身保障型の違いを表しています。
TVのCM等で保険料の安い医療保険を紹介していますが、更新型か終身保障型かを確認することが大切です。

<更新型医療保険、自動更新>
30歳、男性、保険期間10年/払込期間10年、120日型、入院日額:10,000円
医療更新.GIF
月払保険料
30〜40歳 :  3,500円
40〜50歳 :  4,300円
50〜60歳 :  6,300円
60〜70歳 : 11,200円
70〜80歳 : 20,700円
80歳時総払込保険料:
         552万円


(注)上記の数字は、実際に近い数字ではありますが概算です。現実の物ではありません。

<終身保障型医療保険、保険料終身払込>
30歳、男性、終身保障/終身払込、120日型、入院日額:10,000円
医療終身.GIF

月払保険料
30〜終身  :  5,800円
80歳時総払込保険料:
         348万円


(注)上記の数字は、実際に近い数字ではありますが概算です。現実の物ではありません。

最近では、終身保障型医療保険で保険料短期払込の商品も多くなってきました。現役中に保険料を納め終わり、老後の負担を軽減することができます。上記の終身保障型医療保険を同じ保障で保険料を60歳払込終了にすると、月払保険料は8,200円(概算)となり、総払込保険料は295.2万円(概算)となり、終身払込より少なくなります。ただし、80歳まで生存した場合の比較ですから、一概にどちらが得とかは言えません。


がん保険は、医療保険と違い入院給付金の支払限度日数無制限が一般的です。がんに特化した保険ですが、様々な保険が開発されていて、医療保険よりバライティーに富んでるといえます。

疾病保険(がん保険)の説明へ>>




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。