終身保険


2つの貯蓄系保険の1つである終身保険ですが、下図のような仕組みになっています。

(注)定期保険の説明で保険金額2,000万円を計算例としていますので、保険料等を比較しやすいように、終身保険でも保険金額2,000万円を計算例にしてあります。(現実的には、保険金額数千万円の貯蓄系保険は保険料が高額になりますので、保険料の安い定期保険と組合せ必要な保険金額を確保するのが一般的です。ここでは、比較のためと割り切ってみてください。)

”終身”の文字通り、満期はなく解約や失効等で意図的に終了しない限り保障は生涯継続します。通常、保険料の払込期間(年齢)を設定し、それ以降は保険料を支払う必要は無くなりますが保障は生涯継続します。(保険料の払込期間を終身(全期)と設定することも可能ですが、一般的ではありません。)

終身保険は、現役時代から老後まで継続する保障ですから、その必要性が変わっていきます。現役時代は万が一の時の遺族へ生活資金を残すのが第一と考えられますが、老後になると自分自身の葬儀費用や相続対策という意味合いが強くなっていきます。
現役時代は数千万円必要だった保障も、老後となると数百万円でも足りるという考え方もあります。この現役時代と老後の保障の差は、これから説明する解約返戻金という貯蓄を引き出す時に、どのぐらい終身保障を残し、どのくらい解約するかを判断する根拠となります。

下図の赤のライン青のラインに注目してください。

青のラインは、払込保険料累計(既払い保険料)を示しています。下図の場合は、60歳まで均等に累積していきます。60歳以降は、保険料を支払わないのですから累積することは無く水平ラインとなります。
赤いライン解約返戻金の増加を示していいます。当初、払込保険料累計を下回っていますが、あるポイントで逆転して解約返戻金が払込保険料より上回り、更に60歳以降も運用により増え続けます。

この解約返戻金を貯蓄とみなすことができます。

(注)この逆転ポイントは、契約する年齢と保険料払込期間等で変わってきます。下図のように保険料払込終了前に逆転することもありますが、保険料払込終了後に逆転することもあり得ます。また、保険会社によっても積立利率等の条件が異なりますので、同じ金額、同じタイミングになることはありません。)

<終身保険の仕組み、概算数字による計算例>
終身保険.GIF30歳、男性
終身保障/60歳払込終了
保険金額   :2,000万円
月払保険料  :    4万円

総払込保険料:1,440万円
<60歳時>
解約返戻金額:1,445万円
<70歳時>
解約返戻金額:1,625万円

(注)上記の数字は、実際に近い数字ではありますが概算です。現実の物ではありません。


解約返戻金を全額受け取るということは、保障を完全に終了させるという事ですから注意が必要となります。
必要な終身保障を残し部分的に解約することも可能ですので、現役時代の保障と老後の保障との差額分を解約し、戻ってきた解約返戻金を老後の資金に回すように考えると効果的です。

<65歳で3/4の部分解約をし1/4の終身保障を残したケース>
終身減額.GIF
<例>
65歳時の解約返戻金の3/4を老後の資金に充当し、死亡保障は1/4の500万円を自身の葬儀費用のために残しました。


貯蓄性(最終的な利回り)では養老保険の方が高いのですが、終身保険の良いところは、満期が無く自分で解約のタイミングを決められることと、部分的に解約ができ必要な終身保障を残せることと言えます。

生命保険の3つの基本形の説明へ>>




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。