はじめに

生命保険は、日本人の9割以上が加入していると言われるほど非常に普及しています。しかし、その内容を理解している人はごくわずかと言う珍しい人気商品でもあります。
アヒル正面.gif
生命保険を理解するのは難しいと思っていませんか?

実際は、ポイントさえ押さえて保険証券と向き合えば、誰にでも理解できます。
それらのポイントを分かりやすく説明し、ご自身の加入している保険の内容を理解でき、自分で比較や見直しができるようお手伝いします。

現在、たくさんの保険がありますが、このサイトでは下記の3種類の保険の中から、生命保険第3分野について説明します。

<生命保険>
生命保険会社が取扱っています。
人の命が失われた時に発生する損失を保障する事を目的としています。例えば、一家の大黒柱が亡くなった時、遺族に必要な資金を残すためです。
終身保険養老保険定期保険等、また、死亡時に限らず3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒)と診断された時などにも保険金が支払われる(特定(3大)疾病保険)等のバリエーションがあります。

<損害保険>
損害保険会社が取扱っています。
偶然の事故や災害によって発生した損害を補償する事を目的としています。
自動車保険や住宅の火災保険等が馴染みがありますが、その他、傷害保険、賠償保険等、たくさんの保険があります。
(損害保険に関しては別途サイトを作って説明する予定です。)

<第3分野>
生命保険会社、損害保険会社、双方で取り扱っています。
TVのCMでお馴染みの医療保険がん保険のような疾病保険が有名ですが、最近では介護保険(国の介護保険とは違います)が注目を集めています。また、前述の特定(3大)疾病保険は第3分野の保険ともいわれています。

金融の自由化が進み、生命保険会社や損害保険会社の子会社等による相互参入が認められ、第3分野以外にも生命保険と損害保険の両商品を両グループ会社で取扱えるようになりました。


では、生命保険の3つの基本形から説明を開始します。

生命保険の3つの基本形へ>>


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。